最近のわたくし的メモ

慢性的に暇な状態が続いており、読書だけではとどまらず掲示板にも入り浸っている毎日。ネット上にも楽しく読めるテキストがたくさんおちています。まさに宝の山!


イクラとスジコの違い

ずっと疑問に思っていたことがあります。それは「イクラ」と「スジコ」の違いです。この2つは何が違うのかな?って思っていましたが、ようやく違いが分かりました。先日、図書館で料理関連の本を読んでいたのですが、そこに両者の違いについて書いていました。まず、イクラとはロシア語で、魚卵を指します。魚卵なら何でもイクラと呼ぶので、キャビアやタラコも同じように呼ぶことができます。一方、スジコはサケの卵をバラバラにしていないものです。ようはバラバラしているかどうかみたいですね。ようやく謎が解けてスッキリしました。
私はどっちも大好きです。美味しいですよね!ご飯のおかずにぴったり!どっちかを選べばと言われてもどっちも好きなので、選ぶことができません。できれば両方食べたい!この間、親戚のおばさんがイクラを送ってくれました。それがものすごく美味しくて、ほっぺたが落ちそうになりました。お店で買ったら高いので、なかなか買うことができません。だから、いつも誰かにもらうのを楽しみにしています。もっと安く食べれたら嬉しいのですが、そんなわけにはいきませんよね。送ってもらったやつも後少しになってしまったので、また頃合いを見てお願いしてみます。

お風呂上りにはやっぱりアイス!

お風呂で体をポカポカにしてからアイスを食べるのが幸せです。これは冬場でもやってしまいます。わざわざ体を冷やしてどうするの?と言われますが、私にとっては一日のご褒美みたいな感じなので、やめることができません。というよりもやめる気はないです。自宅はもちろん、温泉に行った時も同じです。温泉で体をポカポカにしてから、冷たいアイスを食べます。その後、気分次第でお酒もちょっと飲みます。お風呂上りのビールは最高!生き返ります!親父っぽいと思うかもしれませんが、こういった女子は多いですよ。
最近は健康のことも考えて、お風呂に入る時間を調整しています。読書をしながらだとついつい長湯してしまいがちになるので、キリのいいところで読書を止めて、出るようにしています。あまり長時間入るのは良くないと聞いたので。20分とか30分くらいがいいみたいですね。1時間以上入っていると脱水状態になるかもしれないので、体への負担が大きくなるようです。たまにそのくらい入っていることもあったので、今は時計を見ながら30分程度で出るようにしています。疲れを取るために入浴したのに体を壊しては意味ないですからね。みなさんも入り過ぎには注意してくださいね。

危うく休日出勤することに

先日の話です。前日、同僚と飲みに行って、かなり酔っぱらって帰ってきました。正直、どうやって帰ってきたのかも覚えていません。いつの間にか寝ていたようで、時計を見たら8時でした。やばい!遅刻をする!って思ったので急いで準備を始めて家を出たのですが、その時にふと思い出しました。「そういえば、今日休みじゃん!」って。寝ぼけていたようで、すっかりと休みだというのを忘れていました。危うく休日出勤するところでした。もう一回家に帰って寝ようかなとも思いましたが、メイクもバッチリだし、このまま帰るのも勿体ないような気がしたので、そのまま遊びに出かけることにしました。
とはいってもまだ朝早いので、どのお店もやっていなくて、仕方がなく駅前にある喫茶店に入りました。そこで軽く朝食を食べながら、バッグの中に入っている小説を読んで時間を潰しました。そうこうしているうちにいい時間になったので、デパートに行って買い物をして帰宅しました。本当は服を買おうと思ったのですが、実際に買ったのは3冊の本です。このパターンがかなり多いような気がします。寝ぼけて早く起きてしまいましたが、なんだかんだ楽しく休日を過ごせたので良かったです。でも、もうこんな間違いはしたくないです。

鼻血による代償

朝起きたら、枕と読みかけの小説に血がたくさんついていたのでビックリしました。こんなことは初めてだったので、一体なにがどうしたの?と怖くなりました。体を触っても血が出ている感じはしなかったので、どこから出たのか不思議になりました。まずは顔を洗おうと思って洗面台に行くと顔に血がついていました。もしかするとと思って鼻を触ってみたら、どうやら寝ている間に大量の鼻血が出たようです。友人がよくそういったことがあると言っていましたが、本当にあるんですね。鼻がムズムズして、指を入れた記憶があるので、もしかするとそれが原因かもしれません。
ただ、今回の代償はあまりにも大きかったです。枕も小説もお気に入りのものだったので。特に小説なんてまだ買ったばかりで、全部読んでいません。読めないことはないですが、汚れが落ちないので、このまま読むしかなさそうです。こんな血がついた本を読むのはあまり気分がよくないですが、捨てるのも勿体ないし、自分の血だし諦めます。それにしてもこんな経験は初めてだったので本当に驚きました。なんだか怖いですね。不幸中の幸いだったのが、汚れた本が図書館から借りてきたものではなかったことです。図書館のものなら弁償しないといけなかったので助かりました。

電車の中で笑える小説は控えよう

電車の中で読む小説はちゃんと考えてから決めた方がいいですよ!私の経験上、笑える作品は控えた方がいいです。以前、笑える小説を読んでいて恥ずかしい思いをしました。たまたま古本屋で買った本が本当におかしくて、すごく気に入りました。なんとか今日中に読んでしまいたいと思ったので、電車の中で読み始めたら、笑いが止まらなくなったのです。主人公の行動があまりにもバカバカしくて、ページをめくるたびに笑ってしまって大変でした。周りから絶対におかしな女性だと思われていたはずです。
みんなの視線に気づいて読むのを止めたのはいいですが、次は思い出し笑いです。シーンとしている中で私の思い出し笑いが響き渡り、もっと恥ずかしくなったので途中で降りてしまいました。こんなことがあったので、最初にいいましたが、電車で読む作品には注意した方がいいです。実際に体験すると分かりますが、ものすごく恥ずかしいですよ!それからは電車で読むジャンルは真面目なやつにしています。コメディー系はきついです。まだ夜だったので良かったですが、出勤ラッシュの中だったら、うるさくて怒られていたかもしれません。ちなみにその時に読んでいた作品は、何度読んでも爆笑できるので、元気がない時に読むようにしています。

インターネットが繋がらなくてあたふた

小説をネットで買おうと思ったので、インターネットをしようと思ったら繋がりませんでした。パソコンの調子が悪いのかな?と思ったので、再起動してみても意味がなくて、めちゃくちゃあたふたしました。一体なにが原因なのか分からず、ずっとパソコンの前にいました。そんな時、ちょうどいいタイミングで友人から「遊びに行っていい?」というメールが来たのです。友人なら直せるかもしれないと思ってお願いしてみたら原因が分かりました。ものすごく単純なことだったので、お互い大爆笑です!なんとルーターのコンセントが抜けていただけでした。これなら繋がらないですよね。ルーターには異常がないはず!と勝手に思い込んでいたのがいけなかったですね。思いこみって本当に怖い!そういえば、前日に掃除をしたので、その時に抜けたのかもしれません。
そして、今考えれば別にパソコンで買う必要はなかったですよね。スマホで普通に買えるので。そのことにも気づかないくらいパニックになっていたんだと思います。これからはもう少し冷静になってハプニングに対処したいです。それにしても友人の前で大きな恥をかいてしまいました。一応、「みんなには内緒にしておいて」と言いましたが、ネタにされそうな感じがします。

ここぞ!という時に読みたくなる本

人生において「このチャンスは逃せない」っていうようなここぞ!って場面がありますよね。そういった時に遭遇した場合、気分を高めるためにある本を読むようにしています。恐らく、みなさんは知らないと思います。かなりマイナーな小説なので、知っている人の方が少ないです。本に詳しい友達に話しても知らないと言われたことがあるので知名度はめちゃくちゃ低いです。でも、私はその本を読むといつも元気になるし、頑張ろうと思えます。ただ、内容よりも作家さんが好きだから読んでいる感じが強いかな。ある賞を受賞してから、あまり名前を聞かなくなった人です。だから、ヒット作もそんなにありません。私はそれでもこの作家さんの文章が好きで、大事な時は読むようにしています。
みなさんもこういったことないですか?別に小説に限らず、大事な時にやることって。ジンクスみたいな感じでしょうか。例えば、その日の朝食はあれを食べるとか、服はこれを着るとか、行く前に必ず何かをしたり、そんなジンクスが人それぞれあると思います。私の場合はそれがその人の作品っていうだけで、他の人も何かしらあるんじゃないかな。私的にはこういったジンクスってすごく大切なことだと思うので、大事にした方がいいと思います。

同僚のお弁当が美味しそう

毎日、お弁当を作ってくる同僚がいるのですが、いつ見ても可愛くてうらやましいです。しかも、見た目だけではなく、味も美味しいです。なんどか味見させてもらったことがありますが、もう絶品でした。冷凍食品とかそういったものを使わずに全部自分で作っているそうです。よく朝から作れるなって思っていましたが、夜に下準備をするみたいですね。ある程度夜にやっておいて、朝は焼いたり、詰めるだけだから、そんな大変ではないと言っていましたが、私からするとすごいことには変わりないです。もし、やれって言われたらできるかどうか怪しいです。
それに栄養バランスも考えられています。野菜もいっぱい入っているし、体のことをちゃんと気を遣っているんだなって感心します。そんな同僚に触発されて、私も挑戦してみようかと思っています。いきなり、職場に持っていくのは恥ずかしいので、まずは何度か夜ご飯に作ってみて、上手くいきそうだったらお昼に持っていきます。お弁当のレシピが載っている本が欲しくて書店に行ったのですが、種類がすごくて驚きました。あんなに種類があるなんてね。小説選びは得意ですが、お弁当の本選びは初だったので時間がかかっちゃいましたがいい本を選ぶことができました。

本の並べ方

本棚に小説を並べる時、どんな感じにやっていますか?タイトルの頭文字順ですか?それともジャンルで分けていますか?または適当に並べていますか?このことが気になったのでみんなに聞いてみたら、バラバラの答えが返ってきました。タイトルでやっている人もいれば、ジャンルでしている人もいたし、作家さんの名前順でしている人もいました。他にも本の色で分けている人もいたし、好きな作家さん・作品の順番に並べている人もいましたよ。みなさんこだわりがあるようです。私は基本的に作家さんの名前順です。自分にとってはその方がどこに何があるのか分かりやすいので。
ただ、たまに気分転換で並び替えることはあります。しばらく、タイトルで揃えたり、ジャンルで並べたりもします。そして、飽きてきたらまた作家さん順に戻すことが多いです。こんな風に本棚の使い方でその人の性格が出ますよね。さっきも言ったように私の場合はこだわりが少ないので、色々変えてしまいます。だから、みんなから飽きっぽい性格だと言われました。一番分かりやすいのは適当に並べている人です。明らかに大雑把な性格だと分かります。友達の家に遊びに行った時に本棚がどんな感じで使われているのか見てみるのも面白いですよ。

読書をしている男子に胸キュン

私は読書をしている男の子に弱いです!ベンチに座って読んでいる人やカフェで読書をしている人を見ると胸がキュンキュンします。私と同じ趣味だからっていうのもありますが、その雰囲気がたまりません。読書をしている男子って知性的に見えませんか?それにスマートな印象もあるので、見ていて格好いいなって思います。そんな文学男子が私の好みです。できればメガネをかけていて欲しいです。しかも、オシャレな肝心のメガネを。フレームは太いよりも細い方がいいかな。もしくはフレームなしでもOKです。
そんな理想の男子をこの間、公園で見かけました。年齢は多分20代前半くらいだと思いますが、顔も整っていて、メガネもかけていて格好良かったです。なんの作品を読んでいたのか分からなかったのが残念です。こういった男性と知り合いたいと思っていたけど、さすがに声をかける勇気はなかったです。小説だとそこで何かハプニングがあって、知り合うきっかけが出来るんだろうけど現実は違います。それに後から綺麗な女性がその男性のところにやってきたし。職場にあんな感じの人がいたら毎日仕事が楽しいんだろうなって思います。今度、新しい人が入るようなので、ちょっとだけ期待してみようかな。